まいにち

大坂なおみは日本人なの 二重国籍だから東京五輪は出場できない?

更新日:

プロテニス選手の大坂なおみさんが世界ランキング1位になった時から、ちょっと気になる事があります。

というより、この少し前、全米オープンで優勝してから気になっていた事がります。

なんで、むりやり日本語しゃべらせようとするのか、大変疑問です。

シャイと言われている女子にそれって、嫌がらせですか?

Sponsored Link

日本語の「ナオミ節」を欲しがってるのはファンじゃない

 

大坂なおみさん、可愛いですよね。

それなのに、慣れない日本語をわざと喋らせて、なにがしたいのか?

テレビ受けを狙っている様ですが、最近のテレビ離れを考えると逆効果ではないでしょうか。

英語のインタビューを翻訳するだけで十分だと思います。

正確に翻訳していただければ、本当に十分です

どうしてこんなことをしているのでしょうか。

そこには、「彼女が何国人か」に固執している方々が、以外と多くいらっしゃるからの様です。

大坂なおみさんが今年になって、全豪オープンで初優勝し、世界ランキング1位になってからより一層露になったように感じられます。

日本人じゃないと困るヒトがいるのでしょうか。

逆に日本人だと困るヒトがいるのでしょうか。

あなたの人生にとって、それってどこまで、影響あるんですか?と、またまた疑問に思います。

大坂なおみさんのお話をする時に、「日本人じゃない」とか「日本人に見えない」とか「二重国籍なら日本人とは言えない」なんておっしゃる方がいらっしゃいますね。

その一方で「謙虚さがやっぱり日本人」「内面が大和撫子ぽい」という意見も多く見受けられます。

ここで見えてくるのが、このすべてが「日本人」であることに起因しているということです。

どちらの意見も「日本人」というワードを軸に、論戦が繰り広げられているのです。

「日本人」だから日本国籍を選んで当然という方と、「日本人」じゃないからアメリカかハイチの国籍を取るべきという方。

このご意見のなかに彼女の容姿に関する事が加味されていない事を祈ります。

ダメ絶対。

議論が平行線なのは、「日本人」というワードを真ん中に、両岸で言い合いをしているからで、そこに歩み寄りはないようです。

国籍選択をするのはご本人であって、参考にする周囲の意見は、世論ではなく家族の意見くらいではないでしょうか。

 

国籍はどこを選択するのか?今、二重国籍で騒いでも意味がない

 

日本国は二重国籍を認めていません。

あの国会議員さんの時も随分話題になったので、ご存知の方も多いと思います。

大坂なおみさんは現在20歳。

22歳までにアメリカか日本か、どちらかの国籍を選択しなければなりません。

ご本人がアメリカがいいなぁと考えれば、アメリカを選択することになります。

私の学友も、ご両親が仕事でアメリカに長期出張中に生まれたので、20歳まで二重国籍でした。

まさか、大坂なおみさんが日本国籍を取得したら激怒する方が居るとは思いたくないのですが、、、。

本人の意志で選択すれば良いだけではないでしょうか。

それでも、将来どの国の選手に落ち着くのか、興味はあります。

Sponsored Link

 

日本代表として東京オリンピックへ行く可能性

 

大坂なおみさんが、日米二重国籍というのは皆さんご存知の通りです。

ハイチ系アメリカ人であるお父様と、日本人のお母様の間に日本で生まれています。

大坂なおみさんのおじいさまも最近テレビで拝見しますが、かわいいおじいちゃんですよね。

大坂なおみさんは、現在、選手登録では日本を選択し、日本テニス協会に所属しています。

これには、いろいろとこれまで日本テニス協会から受けた恩義も関係しているようです。

大坂なおみさんは、日本テニス協会に登録していないころから、特例で日本オリンピック委員会からの強化指定選手認定を受けていました。

これは、全米テニス協会が大坂なおみさんにほとんど関心を持たず、支援をしてくれなかったこととまったく逆なことです。

このことから、大坂なおみさんのお父様が、テニス選手としての国籍を選ぶ際、日本選択を推したのだと。

スポーツのお話としては凄く良いお話ですよね。

漫画の展開にありそうな感じです。

実はこの、選手登録を日本にしているということは、今後の国籍選択にとって重要な事なのだそうです。

言い換えると、「テニス選手としての登録」が日本ということは、国際テニス協会における国籍登録が日本ということになります。

もうひとつ関係してくるのが2020東京オリンピックです。

2020東京オリンピックに大坂なおみさんが出場することは可能性大です。

そして、「オリンピック憲章規則の41の付属細則」には以下の文があります。

 

世界選手権大会や地域の選手権大会で1つの国の代表として参加した後には、別の国を代表することはできない

 

今、日本代表でグランドスラムに出場している大坂なおみさんは、2020東京オリンピックに出場するためには「日本国籍」を選択しなければならないのです。

オリンピック出場しなければ、これ関係ないんですけどね。

実は、この話題で、もうひとつ気になっている事があります。

大坂なおみさんの国籍選択から、いきなりの二重国籍容認とか。

場外乱闘ですかと驚きました。

最近のSNSとかメディアの論調で、「二重国籍容認すべし」が大量で流されてます。

どうしてですか?
特例なんていりません。

どちらかを選択してくだされば良いのです。

その方が、将来的にもすっきりしませんか。

ここを読む事はないと思いますが、例の参院議員の方、選択しましたか?

「二重国籍容認すべし」などと、書かれると、この議員さんを思い出して、国籍の事が妙に気になります。

 

 

 

Pocket

-まいにち
-, , , ,

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.