昭和から平成

1964東京オリンピックのブルーインパルス都内のどこで五輪を描いたか目撃談

更新日:

今、平成の時代に、もし、都心の上空で飛行機が旋回したらどうなるのでしょうか?

大騒ぎになりますよね。一機だけでも驚愕ニュースになりますよ。

しかも、数機での編隊アクロバット飛行だったとしたら、もう。

でも、昭和の時代では、、、。やっちゃったんです。

そうです。1964年10月10日です。

Sponsored Link

 

今では考えられない!都心上空で行われた奇跡のアクロバット飛行

今残っている映像や画像で東京オリンピック開催式において、上空に5輪が描かれているのを見た事がありますか?

これ、ブルーインパルスが赤坂見附の上空で、アクロバット飛行を行い描いた5輪なんですよ。

信じられます?
赤坂見附ですよ。

だいたいあの交差点の上空だそうです。

今ならありえませんよね。

50年以上前の東京っておおらかというか、なんというか。
実際、テレビで見てた当時は「わーーすごいー」とか思うだけで、危ないとか考えてませんでした。

子どもでしたし。

今の赤坂方面

実際に仰ぎ見た空に5つの弧が描かれた瞬間

このアクロバット飛行を実際目撃した方がいます。

お仕事仲間の方で、先日書いた聖火の最終コースを間近で見た方です。

この方は当日はビルの屋上にいて、空を見ていたそうです。

大きな弧が描かれていくのをじっと見て、「わーーすごいなー、あれ、なんだろー」と考えていたそうです。

競技場が近かったので、この方はこの他にもなにかと、東京オリンピックの目撃談があるそうです。

Sponsored Link

 

ぶっつけ本番とエンペラー・ウェザーという2つの奇跡

ブルーインパルス好きの方の中には、ご存知の方もいらっしゃると思います。

この5輪飛行、ほぼ、というか実質、ぶっつけ本番だったそうですね。

それまで一度も成功していないのに。
前日は悪天候でこのままフライトはないと信じていたのに。

当日、やったんですね。

いろいろな意味でスゴイと思います。

この5輪フライトは、私はテレビで観てました。

この日は朝からいいお天気だったと思います。

子どもだったからか、前日が雨だったかどうかは憶えていません。

でも、近所のおじいさんが「あしたは絶対晴れるぞ。お出ましがあるからな」と言っていたのは憶えています。

当時は意味が分らなかったので、不思議だったんです。

今思えば、いわゆるエンペラー・ウェザーのことだったのだと分ります。

開会式にご臨席された昭和天皇は有名な「晴れ男」(不敬でしょうか)で、アメリカのメディアでも有名でした。

確かに晴れてました。

きれいな青空に白い鳩、そこに描かれる5輪の弧。

今見てもとても美しい光景です。

 

 

 

Pocket

-昭和から平成
-, , , , , , , , ,

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.