昭和から平成

1964東京オリンピック聖火ランナーは驚きの大人数!沿道からの目撃談

更新日:

1964年の10月7日、国道を走る聖火リレーを間近に見て、なにより驚いたことがありました。

子ども心に「なんでこんなに人がいるの?」です。

沿道で国旗を振っている方々ではありません。

ランナーを警備している方々でもありません。

Sponsored Link

 

リレーの編成は、ランナーだけでもこれだけ居ました

実際、ワクワクしながら聖火リレーを待っていた子どもの私は、ランナーが目の前を通り過ぎる時「?」になりました。

「なんでこんなに聖火走者がいるの?」

子どもからみても、とても奇妙だったことを憶えています。

それは、ランナーの人数でした。

燃える聖火を携えているのは、先頭のランナー一人だけ。

その後に、火が点いていないトーチらしきものを持っているランナー。

なぜ、らしきなのかは後に書きます。

そして、その後に、子どもには数えきれない人数のランナーが、集団で2列になって走ってくるんです。

その集団は、聖火を持って走っている人と同じユニフォームを着ているから、やっぱり聖火ランナーなのでしょう。

当時は数えきれませんでしたが、実際は20人いたそうです。

 

煙で何も見えないんじゃないの?っていうくらい凄かった

聖火からでる煙は、白くて、多くて。

煙の向こうはなにも見えなくなってました。

後を走っている方が持っているものがなんなのか、分らなくなるほどです。
トーチのようなものと書いたのはそういう理由です。

私には、聖火の後を走っている方が持っているものが、はっきりと見えなかった。

トーチが見えなかったんです。

2階から見ていてもスゴイ煙でした。

この編成、聖火を持っている方が主走者、トーチを持っているのが福走者、後を走る20人の集団が随走者というのだそうです。

実際は、福走者の方より、煙が切れた辺りの随走者の集団の方がよーく見えました。

福走者の方、煙たくなかったのかしら。

コースバレしてしまうかもしれませんが。
私の見ていたコースは正面からランナーが走ってきて、右に曲がっていくコースでした。

丁字路の様になっていたので、2階の窓から真っすぐ走ってくるランナーを見る事が出来ました。

今思えば、ものすごく良い経験です。

Sponsored Link

 

 

今思う、10代の若者をエントリーした理由は?

そう言えば歓声が凄かったですね。

見ていた2階も大騒ぎでしたが、沿道の歓声には負けました。

国旗を振って、ランナーを応援する人々で、まさしく国道沿いは溢れかえる人でした。

日本全国を巡った聖火リレーのランナーが、なぜこんな編成だったのでしょう。

この選出理由も、大人数での編成もちゃんとした理由があったといいます。

この時走った方々は、有名人および最初、最終などポイント以外のランナーは、全員10代の方だったそうです。

なぜなのか?

それは、次代を担う若い世代に良い経験をさせたいというのが、理由だそうです。

だから、10代のスポーツをやっている若者を選出したということです。

なかなかいい理由だとおもいます。

今から50年余前の10代の方といえば、昭和の後期から平成をつくってきた方達ですよね。

 

 

Pocket

-昭和から平成
-, , , , , , ,

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.