まいにち

なぜ高輪ゲートウェイなのか?JRがださい名前に決めた理由は?

更新日:

「品川新駅」もしくは「山手線新駅」と仮称で呼ばれていた駅名が決まりました。

高輪ゲートウェイ」爆誕しましたね。

山手線の駅名で、カタカナが含まれる駅名ははじめてで、しかも8文字というながーーいお名前になりました。

ひらがなで「たかなわげーとうぇい」で、英文字で「Takanawa Gateway」ね。

ネットみると並んでいる意見は「だっさ」「ださい」が多いよねー。

もう1つの印象は、“漢字+カタカナ”って、なんか椎名林檎さんの歌みたい、です。そして、ネットみると、そう思ったのは私だけではなかったようだ。

同じ印象を持った方が多い様ですね。

Sponsored Link

この駅名にみえる2つの大きな理由。

この「高輪ゲートウェイ」という名前の意味について考えてみましょう。
なぜこの駅名になったのか。

1つは頭についてるの「高輪」の地名の部分。

なんで高輪?近くの泉岳寺でいいじゃんと思った方、実は計画初期のJR東さんもそう考えたんです。

でもね、お寺の泉岳寺さんが「ダメ!絶対!」と言い出して、泉岳寺さん側が使用差し止めを求めて提訴したことがあったのです。

だから「高輪」や「芝浦」など、他の地名をつけねばならなかったのです。

そして次は「ゲートウェイ」の部分。

そもそも、ゲートウェイという単語の意味って、出入り口や道のこと、しかも塀・生け垣の木戸のついた状態のものね。

それがコンピューター用語になって、ネットワークとネットワークを接続するためのものをゲートウェイと呼ぶようになりました。

そして、そこからのー、ウルトラ技でー、「過去と未来、日本と世界、そして多くの人々をつなぐ結節点」にしたいJR東さんが駅名にゲートウェイとつけたのでした。

2つをくっつけて「高輪ゲートウェイ」と命名したということですか、、、。まぁ、新駅を中心とした広大な再開発エリアのコンセプトを優先した駅名とも言えますが。

しかも駅利用開始が2020年のオリンピック開催年だから、海外受けも狙ったのでしょうか。
それなら、逆に由緒ある地名つけたほうが絶対うけるってば。

JR東さんは、海外の漢字の人気しらないのかな?

正直申し上げて、最初に聞いた時点の感想は「これでいいのか?」しかなかった。

もう、渋谷女子高生100人が選んで、あべりょうさんの歌にもなった「SPACE STATION」でいいんじゃないのって、思ったひと、私の他にもいるはずだわ。絶対。

 

高輪周辺の再開発で目指す、近未来の街のかたち

もうひとつなんか、しっくりこないのは、山手線が由緒あるふるい鉄道であることも理由にあると思いますよ

JR東さん自体も新駅名の選定理由について、3つほど理由をあげていますが、そのなかに「由緒ある」「歴史的背景」という理由を述べてますよ。

駅名の選定理由について1.この駅周辺の地域は江戸時代には「江戸の玄関口」として栄え、明治時代には日本初の鉄道が開業した由緒あるエリアという歴史的背景がある地域である
2.開発する新しい街は、アクセスの良さを生かした国際交流拠点となることを目指す
3.新しい駅を含んだ開発される新しい街が、過去と未来、日本と世界、そして多くの人々をつなぐ接点としたい

おや、JR東さんも歴史的に由緒ある地域って言ってるじゃない(笑)

駅名は18年6月5~30日にかけて一般から募集し、ちなみに「高輪ゲートウェイ」は、応募内にあったそうで、36票、130位だったそうです。

名前募集の応募結果は、1位は「高輪」8398票、2位「芝浦」4265票、3位「芝浜」3497票、以下続く。

「高輪ゲートウェイ」名を応募した方には記念品が送られるそうです。

そうすると、上位の名に応募した方々に記念品送るとなると、すごく経費かかりそうだものね、、、。

「高輪ゲートウェイ」は、いろいろあっての命名なのかな?って思いました。

Sponsored Link

 

【まとめ】約50年ぶりの新駅誕生。どうしてこの場所に?

新駅の場所は東京都港区港南二丁目10-145になります。

まず、新橋駅から1キロメートルも離れていないところに駅を作ったのはなぜなのか?

答えは、そこに広大な敷地があったからです。

JR品川車両基地の跡地となった約13ヘクタールの土地を再開発に使いましょうということから始まってます。オフィスやホテル、商業施設を含む高層ビルをたくさん建てる予定です。

2020年には、3階建ての折り紙をモチーフにした大屋根の駅舎が完成します。コンセプト通りの「街のランドマークとなる暖かな光の駅舎」になることでしょう。

この駅舎を中心とした開発全域は、とにかく広大で、東京都港区港南二丁目、芝浦四丁目、高輪二丁目及び三田三丁目各地内から田町辺りまで続きます。

計画図みてもすごーく広いですよ。品川-田町付近までの間をずーーーと開発するイメージです。

JR山手線に新駅が開設されるのは約50年ぶりで、ここは30番目の駅になります。

思惑通りにアクセスの良さを生かした国際交流拠点づくりをめざす主要地域となり得るのか?開発は急ピッチで進んでいる様です。

最期にもう1つ、懐かしいなと思ったのが、かつて「ウシ」と呼ばれたゲートウェイというPCがありましたね(遠い目)

Pocket

-まいにち
-, , , , , ,

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.