まいにち

村雨辰剛 帰化のきっかけは?ネットで知った日本へ永住した理由

更新日:

「ダウンタウンDX」に青い目の庭師と呼ばれる村雨辰剛さんが出演しますね。

ダウンタウンさんはじめ個性の強い方々の中で村雨辰剛さんがどんな絡みをみせてくださるのか楽しみです。

村雨辰剛さんは、最近では庭師というより、男3人が無言で筋トレをするNHKの筋肉体操の番組で有名です。

弁護士の小林航太さん同様、一見インストラクターなの?っと思ってしまいますが、本職はクレジットに出ているように庭師です。番組見た時に「何で庭師村雨がここに居る?」と思いましたもの。

昨今「庭師」という言葉自体聞かなくなりましたね。最近の日本ではお庭をもつお家自体が減っていますしね。

しかし、今や珍しい庭師となったスウェーデン生まれの村雨辰剛さんは、なぜ日本に来て、日本を永住の地に選んだのでしょうか。調べてみました。

Sponsored Link

なぜ、驚くほどの日本通で日本大好きになったのか

ザッと村雨辰剛さんの基本データを。

本名:ヤコブ・セバスティアン・ビヨーク
誕生日:1988年7月25日30歳
出身:スウェーデン
職業:庭師、タレント
所属:株式会社ワイエムエヌ
身長:182cm
スリーサイズ:B101 / W78 / H96
趣味:盆栽、筋トレ
特技:造園、日本語、英語、スウェーデン語(トライリンガル)
家族:実母、養父、ほかに異父異母きょうだい6人
憧れのひとは実母の再婚相手である養父

さて、スウェーデンの方のお名前が村雨辰剛(むらさね たつまさ)さんというのはなぜでしょう。戦国武将みたいですね。

「村雨辰剛」は日本国籍を取得して帰化した時に新しく名乗った日本名です。名前の由来は、

(庭師の)親方のお父さんが村雨さんといって、作家のような名前でかっこよかったのでこれにしようと。『南総里見八犬伝』に出てくる架空の日本刀の名前が村雨なんですよね。ただ、僕の人生が名前負けしないようにしないといけないなぁと(笑)。辰剛の辰は自分が辰年ということから、剛は親方の名前から勝手に取りました。最近は自然に自分の名前がいえるようになりましたね。

もともと勉強好きで歴史と語学に興味があり、特に英語が得意だっとそうです。

いつしか伝統や自国の文化を重要視せず急速に変わりゆく祖国に違和感を感じ始めた村雨辰剛さんは、いつか外国に行きたい、「自分の国とまったく異なる環境の場所に行ってみたい」と考えるようになりました。

そして、インターネットを通じて世界の国々と触れ合っていくうちに、日本に強い興味を抱き、その独自の宗教観、長い歴史、今も残る伝統をもっと知りたいと思うようになります。

今では凄い筋肉の村雨辰剛さんですが、幼い頃は身体が弱かったといいます。お母様が再婚なさったお相手が空軍勤務の男性でした。

村雨辰剛さんが体を鍛えるようになったのは、お養父さまの影響だといいます。同じ空軍に入りたかったのだとか。ちょっとかわいいですね。

村雨辰剛

Instagramより

 

日本に帰化したきっかけは、ネットで知り合った日本人

16歳高校生の時にインターネットで知り合った日本人と意気投合し、逗子と横須賀にホームステイで3ヶ月間滞在しました。

その時お世話になったお宅が、ずっと胸に抱いていた日本のイメージそのものの、昔ながらの日本家屋で昔からの日本の生活習慣や伝統を大切にするご家庭だったことが村雨辰剛さんにとんでもない影響を与えました。

ここで完全に日本にハマってしまったのです。なんと16歳にして日本への永住を決意します。高校卒業後アルバイトでお金を貯めて、21歳の時、再び日本へ。そこから移住計画を開始したのでした。この時点で、日本移住に対してご両親からの反対はなかったそうです。

語学教師をして生計をたてながら、外国人タレント事務所にも所属し、CMのお仕事もしていました。

23歳の時、足立美術館の枯山水庭を観て、日本庭園には日本独自の美意識が生きている。「これだ!」と思い、庭師を目指します。

運良く、造園のアルバイトを発見し、その伝統的な「日本庭園を造るお仕事」に即応募。それまでは、ガーデニングなどにはまったくといっていいほど興味はなかったといいます。

弟子入りをお願いしました。真夏だったんですが、初日に熱中症で倒れて病院に運ばれたんです。このままだと迷惑をかけてしまうと思って、1日目で「辞めます」と親方に伝えました。けれどもその後、辞めたことをずっと後悔した。1ヶ月後、僕の後に入った若い人が辞めたと聞き、親方に「もう一度、チャンスをください」と頼み込みました。そうしたら親方は雇ってくださったんです。

愛知県西尾市の「加藤造園」がその就職先で、村雨辰剛さんは外国人の弟子として働き始めます。「マジメで筋が良い」と親方が言ってくれたので、村雨辰剛さんは修行を頑張ります。

西尾市は造園や庭木で有名だそうで、関東では埼玉の安行といったところでしょうか。

庭師はクロマツを自分一人で手入れできるようになったら一人前と言われる世界で、一人前になるまで、5から10年の修行が必要といわれています。

日本人でもやらない厳しい子弟制度に弟子入りするなんて、とても強い志をお持ちなのでしょう。なにせ修業時代は、お給料も安いし、庭師というお仕事自体作業も指導も厳しいと聞いています。それでも日本庭園を造り出す庭師という職業に誇りを持ち修行を続けました。

Sponsored Link

大好き日本で帰化してしまった筋肉庭師

切るのは私ではない 筋肉だ」こんな事をいう庭師って。ちょっとニヤッとしてしまいますよね。

村雨辰剛さん、26歳まではスウェーデン人のヤコブ・セバスティアン・ビヨークさんでした。26歳で日本に帰化し国籍を取得しました。しかし、国籍を日本にするにあたって、スウェーデンのご家族は大反対だったといいます

親父には『ちゃんと考えているのか?』、さらには『もし戦争になったら、日本のために戦って死ねるのか? それくらいの覚悟はあるのか?』とまで言われました。それは想像しづらいことではありましたが、自分の覚悟、考えは両親に伝え、許してもらいました。

そして、庭師村雨辰剛さんが生まれたのです。

5年間の修業を終えて、2017年27歳の時に親方の元から独立します。今は関東地方に拠点を移し、東京の中央区にある「ユニバーサル園芸社」でお仕事されている様ですね。

私自身はやはり『和を感じられる環境』で仕事をするのが、何よりの喜びです。

2018年夏に、筋肉番組NHK「みんなで筋肉体操」に出演して、ムキムキのイケメンで知られることになりましたが、他にもニュース情報番組「モーニングCROSS」のコメンテーターをなさったりと時々テレビに出演していますね。

昨年、久しぶりに親方と同じ庭を手入れすることになり、凄く緊張している村雨辰剛さんをテレビで拝見しました。本職は庭師ですものね。見ていてもよく分る緊張ぶりでした。作業が終わった後に剪定した枝の下の部分をみて親方が「いいね」と言ってくれたときの村雨辰剛さんの笑顔、良かったです!

日本通な外国の方は多くいらっしゃいます。その中で日本の伝統を守るために、厳しい徒弟制度の世界に飛び込んだ村雨辰剛さんは、素晴らしい方ですね。

一番うれしいのは、僕の仕事を見て「外国人なのに上手だね」とか、「仕事が美しいね」といわれることですね。
(中略)スウェーデンに1週間も帰国していると、味噌汁が飲みたくて仕方がなくなります。

この方は日本の伝統を守る仕事に就いていらっしゃる立派な方です。次世代に文化を残す事を考えるのが日本人の特徴のひとつではないでしょうか。村雨辰剛さんは、そういう方だと思います。

インスタグラム(tatsumasa.murasame)から

 

View this post on Instagram

 

今、日本の文化は海外で人気があるから外国人や、日本人には「海外で日本庭園を造って庭師をやればいいよ。」ってよく言われる。 確かに金銭的な意味で考えると、ささっと海外行って、庭師をやったほうが儲かる。 だけど庭師になるために翻訳や語学教師をやめて年収じっさいかなりさがったし、お金目当てで始めた仕事ではない。 日本庭園は日本の文化、日本固有の物だからこそ、日本でちゃんと残して、守っていくべきだと思う。 いつかは何かの形で海外でもやるかも知れない けど、基本としてはこういう考えがあります。 I often get told by foreigners and Japanese alike that I should work with Japanese Landscaping abroad. Well, it is true that I would make a lot more money from it.. But when I quit doing teaching and translating to become a gardener apprentice I didn't do it for the money. I believe that Japanese landscaping, being genuine Japanese culture, should be preserved in its traditional state here in Japan first of all. I can't deny that I maybe will be involved in some project doing this abroad in the future, but this is a core belief of mine that I will carry with me. #japan

Tatsumasa Murasame 村雨 辰剛さん(@tatsumasa.murasame)がシェアした投稿 -

そのお考えに敬服いたします。

Pocket

-まいにち
-, , , , , , , ,

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.