生活

生姜の効果的な食べ方 生だと効能が変わるから寒い季節には要加熱

更新日:

毎日寒いですね。

冬になると、とくに話題のなる生姜(ショウガ)。

血流促進とか美肌効果とか、ダイエット効果とか免疫力アップとか、いろいろ話題の生姜ですが、食べ方によって効果に違いがあるそうです。

生で食べるのか?加熱してから食べるのか?2通りの食べ方が有るというのです。

Sponsored Link

生で食べる?加熱して食べる?効果的なショウガの食べ方

生姜(ショウガ)なら、どんな食べ方でも、食べれば温まるんだと思い込んでました。

生と加熱した生姜では違うようです。

生の生姜には「ジンゲロール」という辛み成分が多く含まれています。

これが私たちが生姜成分だと思っているものです。

「ジンゲロール」たっぷりの生の生姜には「殺菌作用」があって、昔から風邪予防にと、食べている方も多い様ですね。

この「ジンゲロール」は、血行を促進するのですが、体の中の熱を表面に出す作用があるので、結果、汗が出て体温が下がってしまうのです。

そのため生の生姜は体を冷やすと言われています。

生姜を加熱するとこの「ジンゲロール」が「ショウガオール」という成分に変化します。

「ショウガオール」には内部、特に腹部の血流を良くする働きがあるのだそうです。

そのためか、エネルギーの燃焼がおこってダイエットに良いとおっしゃる方もいます。

「生で食べる時」と「加熱して食べる時」、どちらが今の自分に合っているのか、考えてから食べたほうがいいかもしれませんね。

 

毎日食べたい。温冷別、簡単なショウガレシピ

生で生姜(しょうが)を無理なく毎日食べるには?と考えると、真っ先に重い浮かぶのが「生姜のはちみつ漬け」です。

私は毎年、秋の終わり頃にコーヒーの空き瓶に1瓶作っています。

洗った生姜を皮ごとスライスして殺菌した瓶に詰め、生姜が空気に触れないくらいに、たっぷり蜂蜜を入れます。

冬場なので、暖房のない部屋に置いておいても我が家は大丈夫です。
心配な方は冷蔵庫へ。

はちみつがサラサラになったら完成です。

炭酸で割ってのんでます。

ポイントはカビ防止です。
瓶は必ず煮沸消毒してくださいね。

もうひとつ、加熱した生姜を食べるために、黒砂糖で甘みをつけた「ガリ」を作っています。

皮を剝いた生姜をスライスして、一度熱湯で茹でます。

お湯を切ってから用意していた甘酢に漬けます。

甘酢はお好みで味付けしてください。

生姜は30度の熱で「ジンゲロール」が「ショウガオール」に変化するといわれています。

そして保存食なんて面倒という方、簡単ジンジャーティーはいかがでしょう。

熱い紅茶に、生姜チューブからニュゥーと指関節1節分の生姜をいれて、出来上がりです。

緑茶に入れても以外といけます。

Sponsored Link

 

 

 

食べ過ぎると副作用はあるの?一日に食べて良い量はどのくらい

生姜が体にいいのは判るけど、食べ過ぎると良くないのでは?

何事も食べすぎは良くないですよね。

こんなに効果があるんだから食べ過ぎたらどうなってしまうのでしょう。

どうやら胃が痛くなることがあるそうです。

殺菌効果とかあるから、とりすぎると刺激があるのかもしれません。

では無理のない食べる量ってどのくらなのでしょうか?

いろいろ調べると、生姜の1日で食べていい目安量は、生でなら10g(すりおろしたものでは小さじ2はいくらい)、市販の粉末なら1gくらいだそうです。

10gというと、、、。市販の生姜チューブは40g入りだから、あのチューブの4分の1が1日目安ですね。

「だいたいあのくらいか」ってわかります。

まだまだ、続く冬に生姜を活用して温かく過ごしていきたいです。

 

 

Pocket

-生活
-, , , , , , , , ,

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.