歳時記

江戸風お雑煮は東京下町でも地域で違います お雑煮フローチャートで確認してね

更新日:

昭和が終わり、平成になり、次はなんという時代になるのでしょう。

あらためて、江戸から続く下町のお雑煮のレシピを確認してみましょう。

実は、下町、東京、江戸、といってもエリア毎に特徴があり、バリエーションも豊富です。

これが江戸のお味と思っていても、実際エリアごとで多くの違いがあるんです。

先におことわりしておきます。
作り方のレシピは載ってません

フローチャートを載せますから、皆様のお雑煮がどれなのか確認してみてください。

Sponsored Link

 

江戸下町のお雑煮 マスト食材とエリア毎の多様性を紹介

まず、江戸下町のお雑煮に多様性が有るといっても、江戸で必ず使う食材が2つあります。

1つは菜です。
菜といっても、三つ葉がマストというエリアと、てやんでぇ小松菜だろうというエリアがあります。

エリアによって、どちらが多く使われるかの比率がまったく違います。

ですが、菜を使うことは鉄板で、東京において使わないレシピは有りません。

「名を取る」ために必ず入れますからね。

そして、もうひとつはお醤油。

味付けは基本醤油味になります。

味噌やほかの味付けはありえません。

お餅はもちろんなので言及しません。
角餅ですよね。

のし餅をすぱっと切りそろえて用意しておくのが流儀です。

丸餅はありません。

カツオ出汁か鶏出汁か?それとも精進か フローチャート

東京下町のお雑煮のフローチャートを載せてみました。

スタートはお出汁の種類。
カツオかトリか。

つぎに具材。
入れる具材、具材を刻むかどうか。

鳴門を入れるのか、入れないのか?

などなど。

フローチャートで確かめてみてください。

結果

Aカツオだし+かまぼこ等具材+小松菜飾り菜

Bカツオだし+根菜などの具材+小松菜飾り菜

C鶏ガラだし+鶏(or鴨)切り身と根菜など+飾り菜

D鶏ガラだし+鶏肉と根菜など具材刻み+飾り菜

E鶏ガラだし+具材&鶏モモ&菜刻み+飾り鳴門

F鶏ガラだし+根菜&鶏モモ&鳴門&菜すべて刻み

G根菜&油揚げ&鳴門&菜すべて刻み

フローチャートには載せなかったのですが、鶏ガラで出汁をとるのが面倒ということで、鶏モモの味でお雑煮にするお宅もあります。

大まかな分類になってしまいました。

この中にあなたのお宅のお雑煮は、入っていたでしょうか

Sponsored Link

 

あなたのお雑煮はどのお雑煮に近かったですか

我が家はなぜかGの精進です。

阿弥陀宗だからなのか、なぜなのか、いつからなのか、誰にもまったくわかりません。

もしかしたら、質素倹約時代のなごりかもしれません。

地元の友人家はほとんど、「F鶏ガラだし+根菜&鶏モモ&鳴門&菜すべて刻み」です。

少数派で、「E鶏ガラだし+具材&鶏モモ&菜刻み+飾り鳴門」のお宅もあります。

浅草方面在住の三社祭大好きな方のお宅は「C鶏ガラだし+鴨切り身+飾り菜」でした。

三社大好きっ子さんのご近所さんは、「Aカツオだし+かまぼこ+小松菜飾り菜」もありだそうです。

日暮里在住の方も「Bの変形で、カツオだし+かまぼこ+根菜+小松菜飾り菜」でした。

エリア毎にバリエーションが有る東京下町のお雑煮フローチャート。
いかがだったでしょうか?

 

 

Pocket

-歳時記
-, , , , , , , ,

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.